水と緑の空間。プールで健康とスリムを手に入れませんか?

名護の穴場マップ

名護には見どころ、食べどころ、遊びどころがいっぱい!

名護市は沖縄県最北端の市で、沖縄島北部地域の中心都市です。 豊かな自然に囲まれたこの都市はソーキそばの発祥の地とも言われており、有名なそば屋さんが軒を連ねる場所でもあります。

名護の穴場マップ

名護の穴場マップ

21世紀の森
21世紀の森
スポーツ施設が充実。日本ハムも利用しています。

球場、体育館、サッカー・ラグビー場、庭球場の他に相撲場もあります。
名護市営球場はプロ野球・北海道日本ハムファイターズが春季キャンプで使用しており、キャンプ終盤にはオープン戦も開催されます。


名護中央公園
名護中央公園
全国で一番早いさくら祭りの開かれる場所

名護中央公園は名護市街地に接してそびえる名護岳一帯にあり、頂上の展望台からは美しい東シナ海を見渡せます。
名護市では一月下旬に名護中央公園にて「名護さくら祭り」を開催しています。会場となる名護城跡では入り口から階段、道の両側にかけて濃いピンク色のカンヒザクラを見ることができます。


ネオパーク沖縄
ネオパーク沖縄
中南米・オセアニア・アフリカの動植物を間近で見れる!

沖縄の豊かな気候と風土を生かし、熱帯地方の動植物を保温なしに飼育しています。
園内はアマゾンのジャングルやアフリカのサバンナなどのエリアに分かれ、さまざまな動物たちが広大なフライングケージに放し飼いにされています。


名護パイナップルパーク
名護パイナップルパーク
南国のフルーツや、鮮やかな植物がいっぱいのテーマパーク

園内には約100種類ものパインが栽培されており、パインの成長過程が見学できる。
また、パイン食べ放題やパイナップルワインの製造工程見学のほか、お土産ショップでは「パインパイ」や「パインケーキ」、「パインカステラ」などパイナップルを利用したさまざまなお土産・特産品が販売されている。


OKINAWAフルーツらんど
OKINAWAフルーツらんど
30種類以上の熱帯果樹、色鮮やかなインコと日本最大の蝶が見れる。

園内ではめずらしい南国フルーツに囲まれたフルーツゾーン、日本最大の蝶が飛び交うチョウゾーン、熱帯のインコと触れ合うバードゾーンで楽しめます。全天候型施設だから雨の日でも見学できます。


ひんぷんガジュマル
ひんぷんガジュマル
300年もの昔から、名護を見守ってきたガジュマル。

推測樹齢は280年~300年。国の天然記念物に指定されています。「ひんぷん」とは沖縄で、屋敷の正門と母屋の間に設けられた屏風状の堀のことで、外からの目隠し、また魔除けの役割を果たしていると考えられています。1750年に建てられた石碑が「ひんぷん」のように見えることから「ヒンプンシー」と呼ばれ、その隣に生育するガジュマルも「ひんぷんガジュマル」と呼ばれるようになったとのことです。


宮里そば
宮里そば
名護では知らない人がいないほどの、沖縄そばの老舗。

比較的値段も安く、そば以外の定食も売っています。食券を購入して注文するスタイルで、大衆食堂のような趣があります。あっさりした鰹のきいたダシと平たくてストレートな麺が合っています。


我部祖河そば
我部祖河そば
“本家ソーキそば”の看板を掲げる我部祖河そばの本店

1963年に金城源治氏によって開店されました。金城源治氏の彼独自の製法で作ったソーキそばが次第に知れ渡り、名護市、北部一円、ついには沖縄中にその味が知れ渡ったとのことです。
麺は細めだがボリュームがあり、ダシは濃い目のしっかり味です。


中山そば
中山そば
上質の豚骨でとったダシと昔ながらの平麺が絡み合う。

そば好きが高じて近隣国まで勉強に行ったという店主が作る手打麺が自慢。通販でそばのセットも販売しています。
上質の豚骨でとったダシは独特の脂っこさがなく、あっさりとした味。さっぱりしたスープと独自の製法で作るコシのある平麺が特徴の、地元の人が多く訪れるそば屋です。

ページの先頭へ戻る